_10I4615-2.jpg
WOOF-ホワイト.png

​欲張りに遊ぼう

​ ヨツバモトに新種誕生。その名はWOOF。

 48V750W(瞬間最大1500W)、アルミフレーム、前後サスペンション、ディスクブレーキを備え、より本格的なライディングに対応します。

 さらに、スイングアームの取付位置を変更することにより、モトクロス⇔トライアルの2つのディメンションに変化。1台でいろいろな遊び方を体験できるようにデザインしました。
 もちろん、Meowで培った、親しみやすく、軽く、簡単というヨツバモトの精神は変わりません。カテゴリーにとらわれることなく遊んでいただけます。

​ 
​​​

ヨツバモトは競技車両の一種です。

​公道を走行することはできません。

-Movie-

※映像は試作車を撮影したものです。実際の製品と差異があります。ご了承ください。

-Size-

Meow同様、WOOFも2つのサイズ展開です。

​パワー、最高速度、バッテリー、コントローラーなどの中身については両サイズで共通です。

16-SIDE-MX.jpg

WOOF16

対象年齢の目安:7才~

¥193,600(税込)
​品番:YB65-1160

20-SIDE-MX.jpg

WOOF20

対象年齢の目安:9才~

¥198,000(税込)
​品番:YB65-1200

※WOOF16のタイヤサイズは一般的な16インチ自転車と共通ですが、WOOF20のタイヤサイズは、表記上は20インチですが、いわゆる通称「19インチ」と呼ばれるエアボリュームの大きなものを使用しているため、一般的な自転車の20インチタイヤとの互換性はありません。

_10I4061_edited.png

48V 750W
40km/h
23kg
​​FUN

-Feature-

16-SIDE-MX.jpg

2つのディメンション

 WOOF最大の特徴は、モトクロス的なディメンションとトライアル的なディメンションにコンバートできることです。

 モトクロス的なディメンションは、ホイールベースが長く、キャスターが寝ており、フットペグは前寄り。スピードを出したライディングに適します。

 トライアル的ディメンションは、ホイールベースが短く、キャスターが起きていて、フットペグは後寄り。フロントアップなどのアクションライディングに適します。

 コンバート作業は5分~10分もあれば完了しますので、遊びに行くパークによって簡単に使い分けることが可能です。​

DSC05048.jpg

無段階パワー調整

 電動バイクならではの強力な加速を見せるWOOFですが、初心者への配慮も忘れていません。調整ダイヤルによって、最高速と加速を同時に調整。初めてバイクに乗るキッズでも安心です。パワーマックスで40km/hですが、ダイヤルを一番左に回した状態では約10km/h。小走り程度のスピードです。

ウーフ仮.00_00_20_49.静止画001.jpg

晴モード/雨モード

 スイッチで、2種類のトラクションモードを切り替えることができます。晴れモードは本来の加速を存分に味わえるモードで、ドライの舗装路での使用を想定しています。雨モードは、ウェットの舗装路やオフロード路面でのトラクションを重視して、穏やかな発進になるように調整してあります。

軽量設計

DSC02465.jpg

 アルミフレーム、リチウムバッテリーを採用することにより、WOOF 16で24.5kg、WOOF 20で26.5kgという軽量設計。

 これは入門用エンジン50ccバイクの約半分の重量です。軽量であることによって、気軽に思い切った地形にも挑戦することができます。

DSC05051.jpg

​カンタン電池交換

 バッテリーの装着はスライドイン式。短時間でバッテリーの交換ができます。

 連続走行時間の目安は、60kgの大人が乗車してフルパワーモードで約1時間。キッズがパークで遊ぶ分にはほぼ1日近く保ちますが、念のための予備バッテリーの使用がとても簡単なため、安心です。

充電時間は家庭用の100V電源で約3時間です。

DSC05091.jpg

小径スロットル

 小さな手に合わせて、スロットルも小径の専用設計。ヨツバモトのために開発した、こだわりのパーツです。大人用のグリップサイズは通常φ31.5mm前後ですが、子供用にφ26.5mmで作ってあります。

 野球のバット、テニスのラケット、剣道の竹刀などと同様、スポーツの道具ですから、まず、手のサイズに合っていることがとても大切です。

 また、ブレーキレバーも、子供用の​サイズのものをチョイスしています。

DSC05136.jpg

インホイールモーター

 Meow同様、鋭利な回転物であるチェーンとスプロケットを使わないインホイールモーターを採用。転倒の際に身体や衣服の巻き込みによる怪我のリスクを減らすことができます。

アンダーガード

DSC05070.jpg

 大切なバッテリーを保護するべく、厚さ3mmの頑丈なアンダーガードを装備。​岩や丸太を乗り越える際、ぶつかってしまった場合でも前方からの衝撃が斜めに逃げるように形状を工夫してあります。

 

​ 

DSC05123.jpg

サスペンション&ブレーキ

 前後にサスペンションを備え、ブレーキは前後ともワイヤー式のディスクを採用。

-Decals-

 WOOFには2色のデカールが同梱されています。トロピカルなイメージの「アクア」。引き締まった印象の「ネイビー」。

​ ゼッケン用のナンバーも豊富にご用意しました。

AQUA-NEW.png
NAVY-NEW.png
_10I4163-2.jpg

-Where to buy?-

WOOFは全国のヨツバモト取り扱い店にてご購入いただけます。また、下記の通販サイトでもご購入が可能です。※通販の場合、ご自身での組み立て(前輪、ハンドル、外装の取付、ブレーキの調整等)が必要です。実際の組み立ての様子は下記の動画をご参照ください。もし、組み立てが難しそうだと感じた場合は、ぜひショップリストの販売店さまにご用命ください。

実店舗で買う

通販で買う

Dirtbikeplus.png
webik.png
_10I5063.jpg

-Where to ride?-

 ヨツバモトWOOFは法規上は競技用オートバイの仲間ですから、道路や公園を走ることはできません。私有地や専用のパークで走行してください。

 とはいっても、専用のパークには、なかなか馴染みがないかもしれません。全国のパークリストを参考にお近くのパークに出かけてみてください。パークリストは今後、どんどん増えていく予定です。

 現在は、オートバイのパーク中心ですが排気ガスも排気音も無い電動バイクの特性を生かして​、市街地や屋内のパークも増えていくことでしょう。

全国パークリスト

​▼

_10I4895.jpg

-Competition-

現在、各地のキッズレースの中に、電動バイクのカテゴリーが増えてきています。

中には、年間シリーズ戦を開催しているイベントもあります。

オススメのレースがある場合、ヨツバモトのSNSやイベント情報にてお知らせいたしますので

​ぜひ、フォローしてみてください。

-Spec-

ヨツバモトは競技車両の一種です。

​公道を走行することはできません。